メタボに関しての知識記事一覧

最近テレビや雑誌でもよく聞くメタボリックシンドローム。現代の食生活や生活習慣もあり、メタボの人、メタボ予備軍の人が数多く居ると発表されています。そして気になる実際のメタボリックシンドロームかどうかの定義は一般に公開されている内容として内臓脂肪型肥満と高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つの症状が該当する場合に診断されます。メタボの基準数値基準数値は腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上、そして血...

毎年、健康診断のたびに気になるメタボ。正式にはメタボリックシンドロームと言われる現代人の悩みの種でもあります。自分は太っているのか?それとも標準体重の範囲内なのか?近年では肥満は生活習慣病を引き起こす原因としてメタボリックシンドローム対策の必要性が求められています。そんなメタボリックシンドロームの診断基準には盛り込まれてはいないですが、自分の肥満度を確認出来る計算があります。これは肥満指数(BMI...

様々な生活習慣病を引き起こす原因となっているメタボリックシンドローム。現代の多くの人がこの複合型リスク症候群と言われるこの症状にかかっています。そんな通称メタボの診断基準は主に必須項目として4つの項目があり、1つは内臓脂肪蓄積。おへその所の高さでサイズを計る腹囲が男性、85cm以上、女性90cm以上を判断基準としています。そして他に血圧、脂質、血糖の3項目の測定からなる、中性脂肪が150mg/dL...

現在、日本のメタボリックシンドローム人口は40歳以上の男性では予備軍を含めると約50%が該当するそうです。最近では若いのメタボ予備軍が約30%近くとなっています。実際、メタボが気になって、自分のウエストを計ってみた人も居るかと思います。自分でメタボをチェックする時の測り方ただ、サイズを計る際には注意が必要です。メタボの測定をする際の場所は厳密にはウエストでは無く腹囲といっておへその位置に合わせて計...

気になるお腹のサイズ。自分のウエストサイズはどれくらいなのか?メタボリックシンドロームに頭を悩ませている人も多いかもしれません。自分のウエストサイズはどうなのか?気になっている人が自分でサイズを計ってみたりしているかもしれません。気になる腹囲の測り方現在のメタボ基準は男性で腹囲85cm以上、女性で90cm以上だと内臓脂肪の蓄積がみられると診断されます。そんな中、間違えやすいのが、サイズを計る際に馴...

近年、義務化された特定健康診査というものがあります。会社員の方にはメタボ検診でなじみがあるかもしれません。この特定健康診査は2008年の4月からスタートした特定保健指導で各自治体に検診の義務化が行われました。これにより、国民健康保健や社会保険を運営している各団体にお達しが出ました。メタボ検診の主な内容それではメタボ検診では何をするのか?と言いますと、対象者は実施年度中に40歳から74歳までの被保険...

メタボリックシンドローム、内臓脂肪症候群と言って現在、日本の多くの人がメタボと診断される時代となってきました。メタボは糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、高脂血症等に代表される生活習慣病の原因となっており、現代人の深刻な問題となっています。しかも自分では自覚症状が無いことが多く、気付いたらすでに病にかかってしまっている事も多いです。いくら自分は元気だと言ってもこれでは健康とは言えません。しかもその人口は年々...

年齢を重ねるたびに健康診断での結果が気になってきます。現代人にとって頭を悩ませるメタボリックシンドローム。生活習慣の乱れによって内臓脂肪が蓄積してしまい、血圧、脂質、血糖の数値に異常が見られた際にメタボリックシンドロームと診断されるわけです。日本でのメタボリックシンドロームの基準は男性で腹囲85cm以上女性で90cm以上他に中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満、...

太っている人も痩せている人も年齢を重ねるごとに気になるメタボ。生活習慣病のリスクも高いとあって話題に事欠きません。メタボというとお父さんのポッコリお腹を想像してしまいます。統計的にも日本のメタボの割合は女性より男性の方が多い数字となっていますが、近い将来、この割合に変化が起こると言われています。それはメタボの判断基準の一つのウエストサイズ(厳密には腹囲)が大きく変わる事になるからです。現在では男性...

日本はとても豊かな国です。今日の食べ物に困る人の存在は世界と比べてとても少ないです。当たり前になっていますが、とても幸せな事だと思います。ですが、その中で必要以上のカロリー摂取により肥満な状態の人が徐々に増えてきています。まだ日本は世界に比べて肥満の人の割合は少ないですが、年々増加傾向にあると言われています。近年、義務化されたメタボ検診そんな中、全国で義務化されたメタボリックシンドロームの検査、通...