今から対策するのがおすすめ!メタボ予備軍チェック

メタボ解消

日本はとても豊かな国です。今日の食べ物に困る人の存在は世界と比べてとても少ないです。当たり前になっていますが、とても幸せな事だと思います。

 

ですが、その中で必要以上のカロリー摂取により肥満な状態の人が徐々に増えてきています。まだ日本は世界に比べて肥満の人の割合は少ないですが、年々増加傾向にあると言われています。

 

近年、義務化されたメタボ検診

そんな中、全国で義務化されたメタボリックシンドロームの検査、通称メタボ検診が実施されています。

 

腹囲による内臓脂肪の蓄積の診断の他、3つの項目、血圧、血糖、脂質のうち、2つ該当したメタボリックシンドロームと診断された人は現在では40歳以上になると男性で該当者21%、女性で10%となっていますが、腹囲の他の項目の1つに該当するようないわゆるメタボリックシンドローム予備軍の人も年々増加しています。

 

メタボ予備軍も増加傾向

現在、メタボリックシンドローム予備軍の割合は男性で24%女性で7%と男性では該当者を上回る数字となってきており、女性も該当者に予備軍が迫る勢いです。
また、新たに女性の腹囲サイズが現在の90cmから80cmへと変わることが発表されましたので該当者、予備軍共に増えることが予想されています。

 

総合的な判断でメタボと診断される

他にもメタボリックシンドロームの判断基準がより腹囲だけではなく、その他の数値の範囲が広がり、より総合的な観点から診断されることになることから、今まで以上に増加される可能性もあることからより生活習慣への注意を促している状況です。

 

メタボをセルフチェックすることで健康への意識を高めましょう

自分の腹囲を図って、メタボの数値に近くはないか?をチェックしてみることが必要です。
もうあと数センチでメタボのラインに入ってしまうという人は確実にメタボ予備軍です。

 

いまからメタボを解消するための生活に切り替える必要があります。

 

メタボになりやすい年代と生活習慣

また、現代の日本人は労働環境の変化により昔と比べても非常に不規則な生活を送らざるを得ない人が増えています。
こんな生活を続ける代の人の中でメタボリックシンドロームに悩まされている人も増えているようです。

 

40代を超えると必然的のように男女ともに予備軍を含めると50%を超える数字となっています。

 

これを合わせると代謝異常が複数の病的変化によって同時に発生した症状ということになります。
この現代人に付きまとうメタボリックシンドロームとはメタボリックが英語で代謝という意味でシンドロームは症候群という意味です。

 


■富士フィルムが開発した機能性表示食品「メタバリアスリム」




関連ページ

メタボの定義とは?
メタボは様々な健康を害する可能性が指摘されています。たとえ太っていなくても油断はできません。メタボの正しい定義を知っておきましょう!
メタボリックシンドロームのBMIとは?
メタボリックシンドロームにおけるBMIについて詳しく解説します。メタボがどのようなものなのか、自分はメタボなのかを知ることで健康維持に役立てましょう!
メタボの診断基準とは?
メタボの診断基準を知っておくことで、自分は現在メタボなのかそれとも安全な身体なのかを知ることができます。健康な身体で末永く生活するためにもメタボの診断基準を知っておきましょう!
メタボと診断されるウエストサイズ
メタボと診断されるウエストサイズについて解説します。正しいメタボの測定法も掲載しています。
メタボとされる腹囲のサイズとは?
メタボと判定される腹囲のサイズを解説。また正しい腹囲のサイズの図り方を解説しています。正しく測定して健康管理を行いましょう!
メタボ検診を受けたい人が知っておきたい知識
メタボの心配がある人はメタボ検診を受診するのがおすすめです。自分の身体の状況をしっかりと把握しておくことで病気を以前に防ぐことができる可能性が高まります。検診を受ける前に知っておきたい情報を掲載しています。
メタボの特定健康診査
メタボの検査は特定健康診査扱いで各自治体で受けることができます。
メタボリックシンドロームの新基準値
メタボの判定基準が変更となり、メタボに該当する人が大幅に増えました。メタボの新基準を解説します。
女性のメタボ判定ウエストサイトサイズ
男性に多いと言われるメタボですが女性も同様にメタボに気遣わなければなりまん。メタボと診断される女性のウエストサイズの基準とは?