お腹を計って現実から目をそらさない

メタボ解消

気になるお腹のサイズ。自分のウエストサイズはどれくらいなのか?
メタボリックシンドロームに頭を悩ませている人も多いかもしれません。
自分のウエストサイズはどうなのか?気になっている人が自分でサイズを計ってみたりしているかもしれません。

 

気になる腹囲の測り方

現在のメタボ基準は男性で腹囲85cm以上、女性で90cm以上だと内臓脂肪の蓄積がみられると診断されます。
そんな中、間違えやすいのが、サイズを計る際に馴染みのあるウエストサイズを計ってしまう人がいます。

 

腹囲を測る時の方法

実際にはお腹の一番太い部分、おへその高さで計る腹囲のサイズとなります。この位置で計るとウエストとは違うサイズが計れると思います。
腹囲を正確に計るには、立った状態で姿勢を正して、息を吐き、へその高さに水平に巻いて計ります。

 

腹囲の厳密な位置は肋骨の一番下の下線と腰骨の前上腸骨棘の中点となります。
ですが一般的にわかりづらいのでおへその位置を腹囲として計測します。これを踏まえた上で腹囲サイズが基準値以上の場合には内臓脂肪の蓄積がある状態ですので、メタボを疑う必要があると考えられています。

 

ただ基準値以上でも血圧、脂質、血糖の数値が基準以下の場合にはメタボとはなりませんが、お腹のサイズが気になっている方は食生活等の乱れに心当たりがあるかと思いますのでメタボが気になっている方は健康を見直す良い指標になるかと思います。

 


■富士フィルムが開発した機能性表示食品「メタバリアスリム」