特定健康診査・メタボ検診の概要

メタボ解消

近年、義務化された特定健康診査というものがあります。会社員の方にはメタボ検診でなじみがあるかもしれません。
この特定健康診査は2008年の4月からスタートした特定保健指導で各自治体に検診の義務化が行われました。

 

これにより、国民健康保健や社会保険を運営している各団体にお達しが出ました。

 

メタボ検診の主な内容

それではメタボ検診では何をするのか?と言いますと、対象者は実施年度中に40歳から74歳までの被保険者で検査項目は問診から始まり、身体測定、腹囲測定、血圧測定があります。

 

この他、脂質検査、肝機能検査、代謝系検査、尿と腎機能検査があります。

 

メタボ判定の数値

この検査の中から内臓脂肪蓄積が見られて腹囲が男性、85cm以上、女性90cm以上で血圧と脂質、さらに血糖の3項目の測定から、中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満。
最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上。空腹時血糖が110mg/dL以上のいずれか2項目にあてはまる場合にメタボリックシンドロームと診断されます。

 

この検診でメタボと診断されてしまうと指導員による食生活の改善、ライフスタイルの見直しを指導されることになります。

 

この点は改善と言う意味ではメリットと言えますが、特定健康診査は生活習慣病の早期改善、生活習慣病に伴う医療費削減を長期的な目線で見込んでいることから、義務化による半強制的にメタボ検診を受けなければいけないという煩わしい部分もあるかと思います。

 

ただ、自分の健康を考えた時にメタボであることは、やはり改善の必要性が高いので、日々の生活習慣、食生活から見直してダイエットを取り入れることが大切ですね。

 


■富士フィルムが開発した機能性表示食品「メタバリアスリム」