生活習慣を見直そう!メタボの診断基準

メタボ解消

様々な生活習慣病を引き起こす原因となっているメタボリックシンドローム。現代の多くの人がこの複合型リスク症候群と言われるこの症状にかかっています。

 

そんな通称メタボの診断基準は主に必須項目として4つの項目があり、1つは内臓脂肪蓄積。おへその所の高さでサイズを計る腹囲が男性、85cm以上、女性90cm以上を判断基準としています。

 

そして他に血圧、脂質、血糖の3項目の測定からなる、中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満。最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上。

 

空腹時血糖が110mg/dL以上のいずれか2項目にあてはまる場合にメタボリックシンドロームと診断すると規定されており、診断基準となっています。

 

ただ、この診断基準には世界と比べると年齢や性別も分かれていない項目が多く統計的に問題があると言われている部分もあるのでまだまだ研究する必要がある状況と指摘する人も居ます。

 

ただ実際に上記の項目に異常が見られる場合には生活習慣病のリスクは付きまといますし、とても健康とは言えない状況ですので日々の改善をしていく必要があります。
生活習慣病は一度、発症してしまうとその後の人生に重くのしかかってくるものばかりですので、身体の為にも生活習慣を見直すことが必要です。

 


■富士フィルムが開発した機能性表示食品「メタバリアスリム」