メタボは太っていなくても注意が必要!

メタボ解消

最近テレビや雑誌でもよく聞くメタボリックシンドローム。
現代の食生活や生活習慣もあり、メタボの人、メタボ予備軍の人が数多く居ると発表されています。

 

そして気になる実際のメタボリックシンドロームかどうかの定義は一般に公開されている内容として内臓脂肪型肥満と高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つの症状が該当する場合に診断されます。

 

メタボの基準数値

基準数値は腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上、そして血圧、脂質、血糖の3つを測定します。
それぞれ中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満。最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上。

 

空腹時血糖が110mg/dL以上となります。

 

以上が定義として定められており、メタボと診断されてしまった場合は食事の改善、体重の減量や運動をするようを指示されライフスタイルの改善を実践しなければならなくってしまいます。

 

メタボは痩せている人には関係ない?

また、メタボイコール肥満と捉えてしまっている人も多いのですが、そうではありません。
そもそもメタボとは内臓脂肪症候群と言って心疾患や脳血管疾患、糖尿病、高血圧症等の病気の1歩手前を表している状態とも言われており、太っている人だけが対象と言うことではありません。

 

ですので若いと言って安心せず、食生活や日々の生活には充分気を使うことが、現代の生活習慣病との付き合い方だと思います。

 


■富士フィルムが開発した機能性表示食品「メタバリアスリム」