メタボの特定健康診査とは?

メタボ解消

メタボリックシンドローム、内臓脂肪症候群と言って現在、日本の多くの人がメタボと診断される時代となってきました。
メタボは糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、高脂血症等に代表される生活習慣病の原因となっており、現代人の深刻な問題となっています。

 

しかも自分では自覚症状が無いことが多く、気付いたらすでに病にかかってしまっている事も多いです。
いくら自分は元気だと言ってもこれでは健康とは言えません。しかもその人口は年々増加の一途をたどっています。

 

特定健康診査の概要

そんな中で対策として実施されているのが、企業や市町村で義務づけられている特定健康診査と言うものがあります。
特定健康診査とは40から74歳の保険加入者を対象にしたメタボリックシンドロームの該当者、予備軍を減らす為に実施されています。

 

メタボ診断として聞くことが多いかもしれません。メタボと診断されてしまった人は特定保健指導者による食事や生活習慣の改善を指導される事になります。
こうなってしまうと嫌でも現在の自分の健康状況が悪いと言うことを理解して行動を取らないといけなくなりストレスを抱えてしまうことになります。

 

健康上のリスクが多いメタボ

ただ、糖尿病になってしまうと食事制限は必須となりますし、脳卒中や心筋梗塞は命の危険に関わります。
そうなってしまうと健康であったことがどれだけ幸せだったか痛感する事になってしまいますので、日々頑張っている自分の身体を労る意味でも、日々の生活から見直していく事が健康へのスタートだと思います。

 


■富士フィルムが開発した機能性表示食品「メタバリアスリム」